""

【クローゼット】買い物で失敗しない。少ない服でおしゃれに見せる3つのコツ。

ワードローブ くらすこと

季節の変わり目。次のシーズンの到来。

そんなときに思うこと。

新しい服をかわなくちゃ。

ワードローブ

なんて声が頭に語りかけませんか?

私は、しょっちゅうです。
昔住んでたワンルームの部屋ではクローゼットに入りきらないほどの洋服で部屋が溢れていました。

今は、こんな感じで、私と彼の服をすべてここに収めてます。

ワードローブ

現在の夏服の枚数は20着。
オールシーズン総数(インナー類除く)50着。

昔より物欲を抑えられるようになったし、買い物の失敗もかなり減りました。

この総数が多いのか、少ないのか?
インスタグラムでフォロワーさんに問いかけてみました。

多い人で100着。
少ない人で25着。

ワードローブ

 

「数えたことない。」という意見も多くてプチ衝撃!

クローゼット

25着の方はミニマリストですね!

 

整理収納アドバイザー2級で、断捨離を何度も繰りかえし、クローゼットから溢れるほど服があった私が、買い物で失敗せず、少ない服でおしゃれに見せる3つのコツをお伝えします。

スポンサーリンク

ワードローブチェックをする前に

まずはじめに、お伝えしたいこと。

ワードローブチェックの目的は”モノを減らす”ことがゴールではないということ。

洋服をいかに減らすかに執着し、毎日同じ服でときめかない日々を過ごしたり、洗濯が追い付かないなど、ストレスを感じてしまったら意味がありません。
(勿論、少ない枚数で満足な方はそれで良いと思います。)

ワードローブチェックで得られる効果は、

✓クローゼットの中はお気に入りだけ。
✓モノを探す手間が省ける。
✓毎日のコーディネートで悩まない。
✓買い物で失敗しない。

 

その結果、洋服(モノ)を管理する時間が減る。

 

そして、浮いた時間で自分の自由な時間を増やすことが目的です。

CAFE

とはいうものの、洋服について悩んでる人は、一度ワードローブを最小限まで減らすこともおすすめ。

一度減らしてスッキリした状態から、徐々に洋服が増えていくと、どこかで”あ、これ以上増えたらやだな。”って感覚に気づけたらそこがあなたの適正量でしょう。

その1.手持ちの洋服を”見える化”する。

ワードローブチェックの目的が理解できたら、次は手持ちの洋服を確認しましょう!

洋服を全部出す

衣替えシーズンになったら、すべての洋服を床に出して所有している量を把握しましょう。意外と量が多いことにびっくりすると思います。

ワ-ドローブ

残したい服をチェックする。

これからの季節に着たい服か?

来シーズンも着たいか?

この辺りを踏まえて、着るもの以外はサヨナラ。

もし、まだ着れる服なのかわかんない!という方や、少ない服でオシャレにみせたい方は、次の方法がおすすめです。

その2.マイスタイルを”定番化”する

私が一番大切にしていることはこれです。
自分のファッションスタイルのテーマを決めること。

ワードローブ

メンタリストDaigoさんの著書”人生を思い通りに操る片付けの心理法則”でも書かれています。

片付くファッションのコツは「テーマを決めること」

いつもクローゼットやタンスが片付いていて、それでいて「おしゃれだ」と評価されるような「片付くファッション」を身に着けている人はどうでしょうか?

そうした人は、「自分がこういう服を着よう」というテーマを決めて、テーマに合致する服をだけを買うのです。

自分のファッションにテーマがある人は「わたしはこれが着たい」「わたしにはこれが合う」がはっきりしています。

もっと言うとテーマがはっきりしている人は、じぶんはどういう人でありたいのか、どういうライフスタイルを送りたいのかがハッキリしているといえます。

人生を思い通りに操る 片付けの心理法則 メンタリストDaigo
created by Rinker

私の場合ですが、エレガント6:カジュアル4の割合を意識してます。(休みの日はもう少しカジュアル度高め)

ワードローブ

エレガントの割合が高いと、いつも緊張感があるイメージで相手を疲れさせてしまいそう。(私自身も疲れる)
30代以降からのカジュア度高めファッションは、一歩間違えると手抜きにみられることも。

エレガント6:カジュアル4くらいの割合なら、仕事やかしこまったシーンにも対応できるし、自分自身も疲れないファッションということに気づきました。

 

手持ちの服でコーディネートを考える。

クローゼットに残った服で1週間ローテーションを考えます。

すると、意外と頭にインプットされるので朝の服選びがラクになる。手持ちの服のポテンシャルを発見してさらに手持ちの服を好きになります。

ワードローブ

ABだけじゃなく、ACの組み合わせもいいかも♪」

その3.洋服を選ぶポイントを決める

着回しコーデを考えると、実は足りないものが見えてきて買い物欲がむくむく湧いてくることも・・・

でも、ここでひと呼吸置いてほしい。

私が買い物で失敗しないように気を付けているポイント。この辺を意識してます↓

●手持ちの服と合うか?
●最低3パターン着回せるか?
●安物に見えないか?
●着心地・素材・サイズ感
●最低3年着れるか?
●流行に左右されないデザイン

そして、必ず試着してきゅん♥とするかが重要。

どんなに上のチェックポイントをクリアしても心躍らなければ買いません!

これをやるだけで、ぐんと買い物での失敗が減ります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はこちらの著書を参考にしました。

人生を思い通りに操る 片付けの心理法則 メンタリストDaigo
created by Rinker

 

ワードローブチェックの目的は”モノを減らす”ことがゴールではなく、モノの管理時間を減らし自分の自由な時間を増やすことがゴールです。

 

そして、ファッションは思った以上に環境負荷が大きいです。

とはいえ、おしゃれはしたいし、何十年と同じ服を着続けることは現代人にとってとても難しいことだと思います。

だからこそ、所有した服を長く大切に着ることはとても大切なことですね。

以上、買い物で失敗しない。少ない服でおしゃれに見せる3つのコツ

その1.手持ちの服を見える化する
その2.マイスタイルを定番化する
その3.洋服を選ぶポイントを決める

この3つでした。長くなりましたので、買い物のコツはまた別記事で投稿します。

コメント